非常識なブラック企業は非常識な方法で辞めるのもひとつの手

ブラック企業の体験談

 

結婚して青森から岩手に移り、そこで警備会社に就職しました。
青森でも警備会社に勤務していたのと、経験者だと割とすんなり内定が通るので。
まあ色々会社はあったんですが、社名に花の名前が付いて、エンブレムも
その花がデザインされててちょっといいなあ〜と、今思うと物凄くどうでも
いい理由でその会社の面接を受け、内定を貰い、正社員として働く事になりました。

 

最初の2、3ヵ月は、前の会社と色々違う所もありましたが、
それなりに何事も無く勤務していました。が、給料日のある日、仕事帰りに
銀行に行くと給料が振り込まれていません。

 

最初は、私が日にちを間違ったのかと思いましたが、
確かに給料日です。きっと、このATMがおかしいんだ、と思い
他の所に行きましたが同じです。

 

「どうしよう?支払いもあるし、旦那と姑にお金を渡さないといけないし」

 

何が何だかわからず、頭の中が真っ白になり、
このままでは家に帰れないので、会社に聞いて見ることに。

 

「あのう……?今日給料日ですよね?口座に給料が振り込まれていなかったんですが、どうしたんですか?」

 

恐る恐る私が聞くと上司は

 

「給料日だからと云って給料が振り込まれる訳無いだろう!」と。

 

……はい?
意味が解らず、次の日一緒に仕事をしていた先輩に聞くと
「ウチの会社は資金繰りに困ってるらしく、給料日に給料出ないんだ。人によってはもう何ヵ月も給料貰ってない人もいるよ」
との事。

 

“給料を支払わない”訳ではなく
“給料が遅れている”だけなので労働基準法 も一応セーフなのだとか。
しかし、労働基準局が許したとしてもこっちの生活がままなりせん。
お陰で支払いは遅れるし旦那や姑にはおこられるし散々です。

 

たまりかねて会社に

 

「事情があって給料の支払いが遅れるんでしたら、何日ごろに支払われるかだけでも教えておいていただけませんか?こっちも生活があるので」

 

と言ったらパートに格下げになりました。
もう、こんな所でタダ働きしていられないので、
他の会社の面接を受け、内定を貰ったと同時に辞めました。

 

退社の2週間以上前に退職届けを出すとかそんな常識的な事
やってる場合じゃありません。会社だって社員からすれば非常識この上
無い事をしてるんですから。

 

それに、いつ支払われるか解らない給料を待つより、
それは無いものとして新しい職場で働いていた方が良いとおもったのです。
なので、私の辞め方は無断欠勤(この間新しい会社に勤務)を数日間。

 

で、上司から連絡が来て、その時初めて「辞めます」と意思を伝えました。
ブラック企業は正攻法では辞められ無い場合が多いらしいので、こういった力づくの退職方法しか思いつきませんでした。

 

 


▼キャリコネ転職サービスでは無料で企業の口コミが見れます。

 

>> ブラック企業の特徴はこちら <<

 

ブラック企業の特徴

トップへ戻る