大手の企業の見分け方 ストレス社会におけるブラックな一面

ビジネスマン

近年はブラック企業が増えている。
中には創業何十年もある一流企業がブラック企業との訴えも出ているほどである。
そのため新入社員でも勤務した先の勤務先によってはパワハラの被害にあってしまうことになる。近年はストレス社会とも言われるので、ストレスのたまっている上司を持つとパワハラの対象になる事もあるようです。

 

世間的なパワハラのイメージは暴力的な印象があるが、暴力は使わず、仕事内容や、口論などのパワハラも存在する。言葉で罵倒する事もパワハラと認めれれている。上司とは言っても指示を出すときには、「やれよ」、「ふざけんな」など言ってしまうことはNGなのである。

 

近年パワハラによる法的な訴訟では、これでもパワハラが成立しているケースが多いのである。これは考えてみれば当然のことで、此のような指示の出し方では不快な気分にさせることは確実だと思います。

 

社員の扱いが酷い企業

 

また他にブラック企業と認定されている企業の特徴としては採用通知などの通達が書面をかわさない企業や、書類や備品の紛失など事務処理や管理をしない企業、指示する仕事内容がずさんで、不当な企業や、休業日、あるいは業務とは無関係な場所で指示を与える企業などがあります。

 

従業員は短期の雇用を前提とした使い捨ての消耗品の扱いで、残業時間が毎日ある企業などもブラック企業として認定されています。これは多くの一流企業から訴えが出ています。試用期間がやたら長い企業も怪しいですね。

セクシャルハラスメントがある職場

女性にとっての悩みの種がセクシャル・ハラスメントですね。モラルが低下している企業や職場では、女性へのリスペクトが欠けています。

 

例えば、ボディタッチの多い企業、や上司が交際したがっている。また隠し撮りをしているなど様々なケースの訴えがあるようです。此のようにモラルが低下している上司、企業が多く、此のようなパワハラで悩んでいる方は専門的な知識のある弁護士に相談して解決することをおすすめします。

 

弁護士に相談し、パワハラ解決

 

ブラック企業内でも上司などからパワハラを受けていると、会社の他の人間に事実を公開しにくいケースがあります。

 

そのため弁護士に相談し、アドバイスをしてもらうことが有意義です。

ブラック企業の見分け方まとめ

ブラック企業をそのままにしておくと、エスカレートする危険もあり早期の対応を求められます。ストレス社会によってブラック企業な大手のメーカーなどでも被害があればブラック企業として訴えを起こすこともできます。
その会社に流されずに第三者を通して冷静な意見を求め早い時期での対応をすることで次への就職・転職活動がスムーズに行なえると思います。

 

 


▼キャリコネ転職サービスでは無料で企業の口コミが見れます。

 

>> ブラック企業の特徴はこちら <<

 

ブラック企業の特徴

トップへ戻る