ブラック企業によくある特徴と見分け方をご紹介!

メモ帳

ブラック企業だとわかる面接の特徴をしっかり捉えておきましょう。まず、第一に言えることは変な怖い方が出てきたら、まず、ブラックと思ってください。

 

面接官にヒゲが生えていたら、ブラック社員の可能性が高いです。
髪の毛はしっかりしているけどヒゲが生えているなどの場合には、十分に注意が必要です。ヒゲが生えているのでヤクザっぽく見える際には、かなりの確率でブラックです。こういう企業に就職・転職してしまうと余計に退職しづらくなってしまうので注意が必要です。

 

面接官がタメ口の面接官にも注意

 

また面接官がタメ口の場合にも注意しましょう。
これは面接の時点で上下関係をはっきりさせたい方が面接をするからです。

 

そのためしっかり自分でブラック企業かどうかを確認するには、相手の態度や口の利き方等を面接を受ける方も調査しなくてはなりませんね。また無精髭などがあれば、十分な注意です。ブラック企業ならば、きっとこのような態度などが出ます。

 

態度が悪い面接官の企業には就職しないようにしましょう。ほぼ確実にブラック企業だと思って下さい。やたら上から目線などで話してくる面接官もいる場合がありますので、少しでも面接官の態度に疑問を感じたらその企業はブラックと思いましょう。それくらい警戒した方が無難です。これは第一印象が大切で、面接する人間がタメ口、または無精髭などがあれば、すぐに分かるので注意しながら面接を受けるようにして下さい。

近年、女子社員に企業接待を無理に強要させる会社

ブラック企業では、様々ないじめを行っています。
バレないように仕事の量を増やす、また上司の失敗を後輩に押し付ける。

 

ミスしてないのに怒鳴る、会社の存続をかけて、新入社員をこき使うなどしますので、注意が必要です。ブラック企業にはセクハラやパワハラなどもありますが、近年女子社員に企業接待を無理に強要させる会社などもあるようです。

 

ここまで来てしまう犯罪になってしまうので、企業ではなくヤクザか、暴力団です。そんな会社では長く仕事をする意味も将来性もないので第三者または弁護士の方に即刻相談するようにしましょう。

弁護士に相談する際には無料で

中には本当に暴力団だった事例も多いようです。
一般企業にヤクザの資本が流れている会社も少なくないようですね。

 

このような会社は会社自体の基礎的なモラルがなく、パワハラにつながってしまうこともあるようですので十分に注意することが大切なようです。女性の職場でのパワハラは厚生労働省や女性の人権を守る相談所、もしくは弁護士に相談することをおすすめします。

 

弁護士に相談する際には無料で相談をすることができるようになります。簡単、確実に相談するならば専門的に仕事をしている弁護士に依頼するようにしましょう。こういった様々な不道理な会社が増えています。このような会社には十分な注意が必要で、決して長く勤務しないようにしましょう。長く勤務しても退職金を支払わないケースもあります。

 

こうならないようにするために自分でしっかりと勤務先を検討し、優良な会社に勤務するようにして下さい。精神的に病んでくると適切な考えが出来なくなり、どんどんマイナス方向に進んでしまう場合があります。そうならない為にも少しでもおかしいなと思ったら第三者に相談するのがベストだと思います。

 


▼キャリコネ転職サービスでは無料で企業の口コミが見れます。

 

>> ブラック企業の特徴はこちら <<

 

ブラック企業の特徴

トップへ戻る