現在働いてる職場がブラック企業だと分かった時の対処法

会社の犬になっている男性

職場がブラック企業の方、「被害対策弁護団」に無料で相談できます。

 

パワハラやブラック企業の対応に困っている方は
ブラック企業被害対策弁護団に無料相談し、状況を説明しましょう。
そのままにしておけばストレスが貯まるだけです。肝心の上司がパワハラをしてくるので訴え先がない方に最適な駆け込み場所だと思いますよ。パワハラについて上司、会社の同僚に相談しても何も解決しない方に、十分に活用してもらうことができる法人団体なのです。

 

周りに相談してもどうにもならなかったという人は是非、「被害対策弁護団」に無料で相談してみて下さい。相談するまでは勇気のいることかもしれませんが、相談したと同時に肩の荷がおりると思う人も多いんです。1人で背負い込まずに確実に対処してくれるところに相談するほうが時間も精神力も使いませんよ。

 

相談事項例として長時間労働など

 

長時間労働を強いられている方にとっては、労働時間について原則として1日8時間、1週40時間を超えてはならないとしているのが法的な時間で、ソレを超える残業を求められている方は、ぜひ相談しましょう。職場の労働者の過半数が所属する労働組合や職場の労働者の雇用主と決めていきます。

 

法的にどうなっているのか、状況確認

 

基本的には1日8時間、1週40時間を超えてはならないというのが原則になります。ここでブラック企業に勤めている方の場合には、仕事をしている時間が10時間で、しかも残業代がつかないなどの不当な扱いを受けている方が多く存在しているという実態が浮き彫りになりました。中には12時間以上も働かされている人などもいて明らかに人権を無視した勤務内容・勤務時間になっていました。

 

こんな会社で働き続けていたら体の健康もすぐに損ねてしまうでしょう。

 

ブラック企業を辞める時にまず相談は鉄則!

 

厚労省のホームページに掲載されている「時間外労働の限度に関する基準」を見てソレに違反しているようであれば訴えを起こすことができるのです。

 

「変形労働時間制」や「フレックスタイム制」などもなく有給も取りづらい会社などもあります。労働時間が法律上の限度を超えたものか分からない時にも相談しましょう。

専門的な知識を持ったスタッフ(弁護士が)解決方法をアドバイス

専門的な知識を持ったスタッフ(弁護士)が解決方法をアドバイスしてくれます。
限度を超えた長時間労働は、ご自身の生命や健康にも影響しますので早めに相談することが大切です。

 

ブラック企業の中には此のように労働基準法についての理解がない会社もあります。中には本物のやばい裏社会からの会社などもありました。そして入社してから気づいたりもします。そんな時にはまず、、「ブラック企業被害対策弁護団」に相談しておきましょう。

 

また女性でセクハラに悩んでいる方も同じ、違法なブラック企業を蔓延させないためにも、また第二の被害者を出さないようにするためにもこのようにしっかりとした対策を行いましょう。セクハラなどに悩んでいる女性はなかなか言い出せないと思いますが勇気を振り絞って一歩踏み出すようにしましょう!

 

ブラック企業を撃退

 

このようにしっかりとブラック企業を撃退することができるように相談しましょう。パワハラは精神を病みます。セクハラは立派な犯罪です。

 

度が過ぎる時には逮捕に至ったり、訴訟を起こすこともできますので1人で悩まずに相談して解決するようにしましょう。会社の中で信頼できる友人や同僚などがいたらそういう人に軽めに相談するのもいいかもしれませんね。社内だとどこで話が漏れるか分からないという不安を持っている方は家族や恋人に真剣に相談してみましょう。自分で動けないときは第三者が動いてくれる場合もありますので、そういう時は甘えてもいいと思いますよ。

 


▼キャリコネ転職サービスでは無料で企業の口コミが見れます。

 

>> ブラック企業の特徴はこちら <<

 

ブラック企業の特徴

トップへ戻る