ブラック企業は残業代未払いも当たり前のようにする?!

パソコンを触る男性

ブラック企業に勤務する方で残業が多い方はまずは残業時間における定義を確認しましょう。

 

会社が正しいのか自分の見当違いかをはっきりさせることが大切です。労働時間に含まれる時間を確認することから始めてみて下さい。

 

通勤時間は含まれるのでしょうか?休憩時間は?出張先の往復時間は?などに関しても十分に確認する必要があります。自分でしっかり把握しておかないとブラック企業ならそこらへんを必ず曖昧にしてきます。残業代に関しての疑問は面接の時に聞いたり、内定が決まった瞬間に聞いたりするのがベストだと思います。

 

労働に従事している時間

 

労働者が実際に労働に従事している時間のみだけでなく、所定労働時間外の清掃時間、昼休み中に電話番の時間なども、労働時間に含まれますので、しっかり確認しておきましょう。

 

また、現場作業員や工場勤務の方にとっては着用を義務付けられた制服や作業服などに着替える場合も労働時間に含まれる事になります。第32条(労働時間)を確認すると、使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならないと決まっています。

 

1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならないので、しっかりと時間をカウントしておきましょう。法律で「これ以上働かせてはいけません」と定められている(制限されている)労働時間を「法定労働時間」と呼びます。

 

ブラック企業の残業代未払いについて、このように法的なルールに則って計算、1週間40時間、1日8時間という労働時間を定めているわけではないので、本人の勤務している時間をしっかり確認してみることが大切です。

 

ブラック企業の残業代未払いについて、このように法的なルールに則って計算しますのでまずは専門家に相談してみることもオススメできます。基本的に残業代金はどんな方でもしっかり受け取る権利があります。そのため1万円でも未払いがあるときには雇用主はしっかり支払うことが義務となっています。

 

十分に注意して見ておきましょう。

 

計算の仕方が分からない方は税理士に相談しましょう。

 

労働基準法に馴染みのない人にとっては内容やその計算方法の理解に時間がかかります。また長年勤務している方で、計算の仕方が分からない方は税理士に相談することもオススメ出来ます。

 

フレックスタイム制の会社かどうか?

 

また、フレックスタイム制の会社かどうかをしっかり見極めましょう。業務効率が上がる職種に採用されることが多いようです。法定労働時間の1日8時間を超えても問題ないということです。

 

特定の日の労働時間について法定労働時間を超えて仕事ができるので、バーや飲食店などに適応されることが多いようです。このようにどこからどこまでが残業代になるのかを確認してから自分の仕事時間を計算し残業代を割り出していきましょう。残業代などに関しても事前に口コミなどで情報公開している人もいるのでそういうところでちゃんと調べておくことで就職・転職活動がより円滑になると思いますよ。

 


▼キャリコネ転職サービスでは無料で企業の口コミが見れます。

 

>> ブラック企業の特徴はこちら <<

 

ブラック企業の特徴

トップへ戻る