ハローワークの求人は違法なブラック企業ばっかり?

パソコンを打つ

ハローワークの求人の中でも最近はブラック企業と呼ばれる企業や会社などがかなり増えてきています。

 

これは社員教育などと言って無謀な仕事を押し付ける会社もあり、すごく厄介です。
かなり悪徳で巧妙にいじめなどを行う上司などもいるそうです。ハローワークの求人でもこうしたケースによって社員による自殺や過労死が増えているのが現実です。社員をこき使う時代は過ぎました。このような乱暴な扱いをしている会社は裁判によってその実態を暴くことをおすすめします。

 

今までに自殺者をだしてきたパワハラへの訴訟は80%以上が勝訴します。このような古い社質の企業実態を暴くために、訴訟を起こすことはハローワーク求人でのブラック企業によるパワハラを世の中に訴える良い機会だと思った方がいいでしょう。ハローワーク求人だから一安心ということはまったくないのでそのことを念頭に入れて就職・転職活動をするようにして下さい。

 

新入社員でも、人権的な扱いで不当を感じた時

 

また新入社員でも、人権的な扱いで不当を感じた時に裁判を起こすことができます。また、そのままにしておけば第二、第三の被害者が出てきてしまいますので企業や会社に疑問を感じたり、明らかにブラック企業だと思ったら行動を起こすようにしましょう。

 

こうした自体になる前に、またブラック企業をなくすためにしっかり対応しておくことが肝心なのです。ハローワークの求人でもブラック企業の見極め、ブラック企業かどうかを察知するには周りの社員の評価なども大切です。

 

これは裁判の際に保証人としてコメントをしてもらうからです。しかし、この際に保証人がいなくても勝訴する機会はあります。まずは弁護士に相談して、状況を理解してもらうことが大切です。

ハローワーク求人のパワハラ被害の一例をご紹介

ハローワークの求人に載せていた会社からこのようなことを言われている新人社員が訴えを出しました。

 

「3年間は絶対続ける、絶対辞めない」、「ルールは会社が決める」、その後、この新入社員は訴えを起こすことにしました。強制労働ではないので裁判の結果はこの新入社員が勝ちました。ここで出てくるフレーズのみで新入社員は会社に勝訴したんですよね。

 

「3年間は絶対続ける、絶対辞めない」、「ルールは会社が決める」このようなコメントはパワハラとして認定されたのです。そのため、会社サイドが勝つ可能性は極めて少なく、このような言動を録音して裁判で公開したりしながら、裁判を起こしたりします。裁判で勝訴するにはブラック企業の上司との会話のやり取りなどを日頃から録音しておくといいかもしれません。

 

事実、最近はこのような会社が多すぎる

 

ハローワークの求人でも人権を無視している会社が多すぎるのが現状で売上、立場、存続のために社員をこき使う会社が多いようです。

 

月270時間働いた研修は「報酬ゼロ」などの会社も見受けられます。完璧に人権を無視している会社も多いのでハローワークを利用する際は注意をするようにしましょう。ハローワーク求人の全てがそういうわけではないですが、自分が働きたい企業、面接を受けたい会社などの口コミ情報は絶対にチェックしておくことが必要だと思います。

 

ブラック企業などはやはり口コミ情報でも散々書かれたりしていますから、少し調べるだけでその先の就職・転職活動も大いに変わってきます。事前に自分が働きたい会社がブラック企業だと分かっていれば、面接に行きませんもんね。知らずに行って後から分かったなんてことになると時間の無駄ですから、事前に調べることは必須になってきます。

 


▼キャリコネ転職サービスでは無料で企業の口コミが見れます。

 

>> ブラック企業の特徴はこちら <<

 

ブラック企業の特徴

トップへ戻る