ブラック企業の離職率はどれくらい高い?それとも低い?

電話をする男性

ブラック企業の離職率は60%以上になります。
その理由として、日本の雇用制度は長く勤務すればそれだけ、雇用者は労働者に賃金を支払わなければならなくなるからです。

 

そうした時に「ブラック企業」の考え方としては、長く勤めてもらっては困るという考え方になるようです。

 

そうなりますとブラック企業で長く勤務すればするほど、いじめが激しくなったり、給与面でのトラブルが続発するようになります。そこまで来てしまうと何の為にその会社で働いているのか分からなくなってきますよね。

 

精神的にも病んで、健康を損ねる可能性も出てくるのですぐにでも辞めるようにして下さい。会社を辞めることは社会人としてすることではないと自分を責めてしまう人も多いと聞きますが、そんなことはありません。

 

精神的に病んでうつ病になり、体が動かなくなってしまったら働くことも就職・転職活動すること出来なくなってしまいます。そうなってしまったら元も子もありませんから、会社を辞めることは恥ずべきことではないのですぐに退職準備をして下さい。

 

社員をいじめて退社させるようなヤクザでもやらない、外道な会社

 

そうなってしまいますと、勤務しているほうが自殺したり、うつ病になったりしてしまうケースになります。ブラック企業はこのように社会的なモラルが欠けているので、離職率も相当高いです。中には社員が残らない会社もあるそうです。

 

会社にいるのは会社の幹部のみで社員はいじめて退社させるようなヤクザでもやらない、外道な会社が増えているのが現状なのです。ストレス社会と言っても人権が無視されているようであれば、裁判で訴える事もできますので、十分に自分の置かれている環境を把握し、法律家に相談することをおすすめします。

 

離職率が高いので、早めに転職する先を検討

 

離職率が高いので、はじめから勤務することはおすすめしません。
中には大手の電機メーカーなどでも訴訟の対象となっている会社もあります。会社内でのグループ的ないじめを感じたら、裁判しましょう。

 

このような社会を作っている会社内のアクをすべて訴えることもできます。また離職率が高いので、早めに転職する先を検討しておくことで、職を失うことにはなりません。上手に手続きを行って、ストレスのない勤務先に転職しましょう。

 

離職率が高く、勤務していてもストレスばかり、
給与面でもトラブルが有る会社で働きたい社員はいませんよね。

失業したら、職がないと思っている方へ

日本国内での失業率は8%と非常に高く、失業したら職がないと思っている方こそブラック企業の被害に合いやすいのを覚えておいて下さい。

 

まだまだ、就職難と言われていますが無理にブラック企業で勤務しているほうが体に害があるのではないでしょうか?人生という観点でしっかり物事を考えた時に仕事が一番大切だとは思わないし、他に就職先も見つかりますので、ブラック企業で仕事をするのは絶対に辞めましょう。ブラック企業で我慢して働く人達が後を絶たないので、そんな企業がどんどん増えてくるという実態もあります。

 

当たり前のことですが、ブラック企業で働く人達がいなければブラック企業も確実に減って、ゆくゆくは消滅するといわれています。働き口がないから…生活が厳しいから…という理由で妥協してブラック企業に勤めるようなことはしないで下さい。後悔してからでは遅いんです。

 

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

 

しっかり退職金を計算して辞めましょう。

 

このように、ブラック企業の離職率は非常に高いわけです。長く勤務している方は、すでにブラック化してしまっている方のみです。

 

悪い方に加担する社員であなたの上司もその可能性が高いので、しっかり退職金を計算してまずそんな会社に勤務すること自体、辞めましょう。ブラック企業を辞める前に次の働き口のリサーチをしておくと円滑に就職・転職活動が進むと思います。キャリコネやリクナビなど企業の口コミを情報としてしっかり公開しているところで仕事を探せば、ブラック企業に入社することはないでしょう。

 


▼キャリコネ転職サービスでは無料で企業の口コミが見れます。

 

>> ブラック企業の特徴はこちら <<

 

ブラック企業の特徴

トップへ戻る